漫画「BECK」の表紙に登場するアーチスト集 脱初心者?!ギターコード無料一覧表とギター動画

スポンサードリンク
  • 当サイト人気ページ
  • えっ?ろっ、650万円もするギターって(汗)

    ソニックユース

    yahooモバイル掲載サイトポケギタコード
    エンターテイメントお役立ち無料レポ進呈中♪
    今回もBECKで使用されている表紙のレコード(死語?)CDジャケットのご紹介です♪


    今回は、ソニックユースの作品からです。


    Goo
    Goo


    すみません。。。。

    あまりこのアーチストは知りませんでした。。。
    ファンの方がいたらすみません。。。

    なので、
    アマゾンのレビューを引用させていただきました。。。

    オルタナティブというのは、厳密には特定の音楽様式を指す言葉ではなく、当時(80年代後半〜)アメリカで商業的に主流だったLAメタルやアメリカンハードロックのような体育会系のわかりやすいロックに対して“取って代わるもの”という意味で登場した、アンダーグラウンドなインディーズシーンに潜在的に存在していたある種ソフィスティケイトされたロックサウンドを指していました。そしてこのアルバムは、そんなオルタナティブロックをオーバーグラウンドに浮上させ、後のグランジムーヴメントのきっかけともなった記念碑的作品です。ただし、ソニックユースというバンドは他のオルタナバンドとは比較しようのない唯一無二なオリジナリティを持つバンドですし、ムーヴメントとは無関係にマイペースで独立独歩なバンドであるとも言えます。
    吹き荒れる硬質でノイジーなギターリフに、ダウナーで陰鬱なメロディライン。そこに含まれる微量のポップネスが、サウンドの中毒性を増幅しています。決して聴きやすい作品ではないのですが(それでもソニックユースの作品の中ではかなりコマーシャルな方みたいですが)、むしろその難解な憂鬱さかげんがこの作品の魅力と言えるかもしれません。
    そしてオルタナサウンドの特徴とも言えるあの突き放したようなクールネス。クールである=暑苦しくないという点においては、まさにオルタナティブロックのお手本というべき1枚です。

    ボブ・ディラン

    yahooモバイル掲載サイトポケギタコード
    エンターテイメントお役立ち無料レポ進呈中♪
    今回もBECKで使用されている表紙のレコード(死語?)CDジャケットのご紹介です♪


    今回は、ボブ・ディランの作品からです。

    この真冬のニューヨークの街中で
    ピキーン!と凍りつく空気がある雰囲気の中を寄り添って歩く二人。
    絵になっていますよね。

    フリーホイーリン・ボブ・ディラン
    フリーホイーリン・ボブ・ディラン


    このアルバムの中にある『風に吹かれて(Blowin' In The Wind)』は超有名な作品ですよね♪
    曲を聴けば、あの曲だってわかりますよ

    ボブ・ディランをカバーしている有名なアーチストはたくさんいますね。


    ローリングストーンズ

    yahooモバイル掲載サイトポケギタコード
    エンターテイメントお役立ち無料レポ進呈中♪
    今回もBECKで使用されている表紙のレコード(死語?)CDジャケットのご紹介です♪


    今回は、ローリングストーンズの作品からです。


    Get Yer Ya-Ya's Out!
    Get Yer Ya-Ya's Out!


    確かBECKで使用されている表紙では、
    ”斉藤さん”がギターを持ってジャンプしていたと思います(笑)


    こちらの情報は定かではありませんが。。。
    『ミッドナイト・ランブラー』の間奏部分で客席から
    『カッコイイ♪』という日本語が聞こえるようです。
    一説によると声の主は近田春夫氏らしいとのことです。
    興味のある方は注意深く聴いてみて下さいな♪



    多くのアーチストからも尊敬を受けている人です。
    ロックといえばストーンズの名前を挙げる方もいるでしょう。


    そういえば、キースの怪我は大丈夫だったのでしょうかね。。。


    ホワイトストライプス

    yahooモバイル掲載サイトポケギタコード
    エンターテイメントお役立ち無料レポ進呈中♪
    BECKの漫画の表紙で使用されているアーチスト特集


    いろんなジャケットのパクリを
    表紙に使われていることがありますね(笑)

    懐かしいものから、
    これは知らなかったなんて物もあります

    作者のどんな思い入れがあるのか。。。
    なんてことが感じられると嬉しいです。

    ロックの名盤がたくさんありますから。
    ぜひ一度は聞いてみてくださいね

    エレファント
    エレファント
    ホワイトストライプスのジャケットみると







    の配色が印象的ですね。



    アルバムレビューをみると。。。

    文化的背景の違いがあちこちに顔をのぞかせる内容となっており、

    故郷から遠く離れた地でレコーディングされたことをしのばせる。



    「Seven Nation Army」の歌詞――「イングランド女王から地獄の番犬まで(From the Queen of England to the hounds of Hell)」――や、アルバムの最後で「たいへん結構、お茶でもいかが?(Jolly good, cup of tea?)」というセリフが入ってくるところだ。



    しかし、メグ・ホワイトがおふざけ的にホリー・ゴーライトリーとからんでみるといった新たなひねり技もあるが、

    『Elephant』はジャック&メグ・ホワイトにとって新境地といえるほどのものにはなっていない。



    まだ2人は持ち前の創造性(と8トラック)を新たな高みへと押し上げている最中なのだ。

    ドキリとするほどクイーン風の「There's No Home for You Here」は聴きものだし、「Seven Nation Army」はディープなべース・ラインが印象的で、インディー・ダンス・トラックの名作といえる。

    だが、新たな領域に飛躍をとげた曲がある一方で、ホワイト・ストライプスのトレードマークであるストレートでブルージーなロックもたっぷりある。

    中でもあからさまに性を歌った「Ball and Biscuit」は注目だ。物悲しく、あくまでも控えめでありながらシアトリカルなジャックの歌声も聴ける。

    ジミ・ヘンドリックス

    yahooモバイル掲載サイトポケギタコード
    エンターテイメントお役立ち無料レポ進呈中♪
    BECKの漫画を見ていると。。。

    いろんなジャケットのパクリを
    表紙に使用されていることがあります(笑)

    懐かしいものから、
    これは知らなかったなんてこともあります

    作者のどんな思い入れがあるのか。。。
    な〜んてことが感じられると嬉しいです。

    ロックの名盤がたくさんありますから。
    ぜひ一度は聴いてみてください。

    まずは、ジミ・ヘンドリックスの作品ですね。

    アクシス
    アクシス
    1967・5月&10月、チャス・チャンドラーのプロデュースのもとレコーディングされたザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのセカンド・アルバム!(オリジナル盤:1967・作品)



    多くのアーチストからも尊敬を受けている人です。
    ギターをやっていてジミヘンの名前を知らない人はいないでしょう。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。